防災お役立ち情報

非常持ち出し袋の中身について

非常持出袋

 いざというときは、ただちに避難しなければならないことがあります。
こんなときのために、日ごろから、非常持ち出し品をリュックなどの背負える袋に準備しておくことが大切です。
非常持ち出し袋には次のようなものを中心に、男性では15kg、女性では10kgを目安とし、家族全員が1個ずつ用意するようにしたいものです。

  1. 携帯ラジオ(予備電池を忘れずに):災害時は正確な情報が不可欠です。
  2. 懐中電灯(予備電池を忘れずに)、ロウソク:停電や夜間の行動に必要です。
  3. ヘルメット(防災頭巾):避難時の落下物などから頭部を保護します。
  4. 非常用食料(3日分):火を使わなくても食べられるものが便利です。
  5. 飲料水(3日分):1人1日3l(3日分で9l)を目安としたいものです。
  6. 衣類(下着、上着、靴下、ハンカチ、タオルなど):携帯用衣類セットなどもあります。
  7. 生活用品(ライター、マッチ、軍手、紙皿、紙コップ、ナイフ、缶切り、栓抜き、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニールシートなど)
  8. 救急薬品、常備薬(絆創膏、ガーゼ、包帯、消毒薬、解熱剤、胃腸薬、風邪薬、マスク目薬など):持病のある人は常備薬を忘れないようにしましょう。
  9. 通帳、証書、印鑑、現金:現金は紙幣だけでなく10円硬貨なども用意しましょう。
  10. 身分証明書、学生証、健康保険証など

 

ページのトップへ